top of page
  • 執筆者の写真léa

コーチ・フィードバック : Kévin Pistilli - HBF 3M (フランス)


📷 Picture by HBF 3M

ケビン、あなたは誰ですか、そしてあなたのクラブやチームを紹介してくれますか?


ハンドボール・フェミニン・モンペリエでU17女子フランス選手権の監督をしているケビン・ピスティリです。私たちは、他のパートナークラブと協力して女子ハンドボールを発展させているハイレベルなクラブです。


クラブには4つのチーム(全国1、全国2、U17フランス、U15 D1オクシタニー)があり、全部の部門の選手で構成されています。私たちのU17は、ユースアカデミーや向上センターで90%の割合で活動しています。彼らは週に5回トレーニングをしています。


現在、彼らはフランス選手権のハイグループで1位になっており、最終段階の準備に取り組んでいます。


Steazziを使う前に、統計を取っていましたか?もしそうなら、どのように?


そうですね、別のアプリケーションを使っていたのですが、結果を使うのが面倒だったんです。選手と共有するために、すべてをエクセルファイルで報告しなければなりませんでした。インターフェイスが渋くて、統計を取る選手・保護者にアピールできなかったんです。


2020年からsteazziを使用しています。


ゲーム中に一番便利な機能は何ですか?


ゴールキーパーは、相手のシュートのインパクトをメモするためにライブで使っています。また、ハーフタイムには、自分たちのシュートインパクトをざっと調べて、どこがベストなのかを確認することもしています。


試合後、一番使っている機能は何ですか?


コートを出る前に、「タイムライン」を見て、試合がいつ好転するかを確認するのが好きです。自分の気持ちと数字が一致しているかどうかを見るのです。


試合後のスタッツ(ゴール数、シュート数など)は気にしない。バスケットボールでNBAがやっているような「試合への影響度評価」を得るために、守備記録をやるのであれば、もっと踏み込めます。


しかし、うまく機能するのは、そこから生まれるビデオ分析です。そして、そこでこの発言は意味を持つ。各選手の個別ファイルなどで、1時間の試合のために3時間かかったコンピューターの前の日曜日はもうない。


今日、選手たちは分析を行い、それをグループに発表する。私は必要に応じてそれを完成させますが、彼らは非常に、非常に関連性を持ち始めています!


私たちは2回、作業の時間を設けています:


1回目は、試合前の数日間です。U17ではトレーニングが重要なので、まず自分たちに焦点を当てます。GKはシュート時の配置を、選手は攻撃と守備のミスをチェックします。


2回目は、復帰戦の前に、対戦相手について考えます。GKは優先的なインパクトを再調整する。攻撃面で最も効果的なゲームプランを特定し、相手のゲームプランを分析することで、ディフェンスに適応できる可能性があることを確認します。


分析が終わると、分析担当のグループは、自分たちのゲームプランを代表する最大5つのアクションで、他の人のためのプレイリストを構成する。


U11/U13では、相手の分析はあまり意味がないように思えますが、自己分析の部分はとても気に入ってくれていて、とても良い結果を出してくれています。


The timeline view - a favorite

Comments


bottom of page